研究::【富士河口湖高校ブログ】 

博物館の方による出前授業
1年生が1月9日に、「山梨の自然と人の関わり」をテーマに、特に身近な世界文化遺産である
富士山に関わる文化・信仰について、わかりやすく講話をしていただきました。
   
 ここでの授業を受けて、1月23日に県立博物館で講義を受ける予定です。
| 学校行事::SGH | 10:14 |
SGH取り組み風景
 12月に入り、SGHの授業で各グループが中間発表に向けて練習をしたり、中間発表を行っています。
    
 
 一人ひとりが真剣に取り組み、いいプレゼンをしようと頑張っていました。
  
| 学校行事::SGH | 10:56 |
効果的なプレゼンとは?
 本校1年生が10月31日のSGHの授業でライセンスアカデミーの方によるプレゼンテーション講座を受けました。
「KISSの法則」や「3T」などわかりやすく効果的な方法を教えていただきました。その講座自体がすばらしいプレゼンでした。
 
| 学校行事::SGH | 08:49 |
初めての出前講義
 10月17日に1年生が健康科学大学の山﨑洋子、小沢健一両教授に講義していただきました。
タイトルは「子育てと絵本」と「”作業療法”って何するの?」でした。先生方の力強い、すばらしい講義に耳を傾けている生徒たちの姿が印象的でした。

| 学校行事::SGH | 16:59 |
先輩方による講演会
 6月20日の総合的な学習の時間に、富士吉田商工会議所青年部の方々による講演会を開催しました。本校出身の先輩方による心温まるお話から得たものが多かったようです。

| 学校行事::SGH | 16:55 |
1,2年合同授業
 5月30日に2年生による昨年のSGHの取り組みの紹介がありました。1年生は先輩方のすばらしい発表に熱心に耳を傾けていました。

   
| 学校行事::SGH | 12:39 |
初めての授業
 1年SGHの授業が4月25日に始まりました。SGHアソシエイト事業の一環の活動として、課題を決定するためシンキングツールの使い方について学びました。


| 学校行事::SGH | 10:04 |
総合的な学習成果発表会
1学年がここまで取り組んできた、総合的な学習の時間の研究成果を発表する会が開催されました。
1学年生徒全員、来賓の方、保護者の皆さんの前での発表で、代表生徒は緊張しながらも堂々とした発表をすることができました。

パワーポイント、紙芝居型、模造紙というように、それぞれの班の個性が発表の仕方にもよく出ていました。

A安全防災グループ「万が一災害が起きた際、私たちに何ができるか」
本校ホームページにリンクしている防災マップの紹介もありました。


B人口減少グループ「県外の人がなぜこの地に住まないか」
富士吉田市の住民のアンケートなどを引用して説明していました。


C富士西麓活性化グループ「精進湖の自然を知ってもらおう」
クイズで生徒が手を挙げています。


D環境保全グループ「生物多様性と外来種」
ブラックバスなど、さまざまな外来種について説明し、質問もたくさん出ました。


E国際交流グループ「外国人と仲良くなろう」
外国人にも分かりやすいものを、と自分たちで作成した地図を紹介しています。


F観光振興グループ「観光客が楽しめる地域づくり」
紙芝居のような形式で説明してします。こちらもおすすめの観光地マップを手作りしていました。


G文化教育グループ「吉田の火祭り」
生徒たちにとっては身近なお祭りですが、改めて歴史などを調べて発表しました。


H社会福祉グループ「高齢者について」
高齢者との接し方についての実演もありました。


どのグループも、「地域のために高校生に何ができるか」という視点をもって研究し、発表をしました。
まだまだ小さなことからですが、できることを「実行する」ことから地域に貢献していきたいです。

講評では、来賓の方々からもっとよくするための改善ポイントも教えていただきました。
今後の活動や、来年度への1年生にも引き継げるように、アドバイスを生かして引き続き研究を続けたいと思います。

地域の皆さんにも生徒の研究のために、いろいろとご協力いただきました。
ありがとうございました。
| 学校行事::SGH | 17:19 |
防災かるた
SGHで取り組んだ『防災かるた』が、参考にした『防災トランプ』を作った方々の目にとまり、トランプ素材で作っていただけるになることになりました。
当時、かるた制作に取り組んだ生徒(現3年生)のグループとの打ち合わせが行われました。
 

 

思いがけない提案に、生徒達は当時の記憶をたぐりながら、またきれいなトランプ素材になることにわくわくしながら、質疑応答していました。
| 学校行事::SGH | 18:04 |
健康科学大学出前講義
9月20日にSGHの取り組みの中で、健康科学大学看護学部の黒田梨絵先生に出前講義をしていただきました。
今回は、安全防災グループと社会福祉グループの生徒が対象です。
テーマは「避難所ってどんなところ?」


避難所のようすを教えていただきました。
また、地域の防災マップから、生徒は自分の家がどのようなレベルの避難ゾーンにあるのか、チェックしました。
富士山の噴火が起こったときに、いつどこに逃げるのか、家族と話し合っておくように、というお話をいただきました。


生徒が最も興味をもったのは、「非常食」でした。
黒田先生がたくさんもってきてくださったので、皆で試食することができました。
,
以前のイメージと違い、どれもとてもおいしかったようです。

今回伺ったお話を、生徒たちは自分たちの発表に生かしていこうと思います。

| 学校行事::SGH | 17:37 |

  


河高ブログQRコード


JASRAC許諾第E1706303308号

CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   01 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート