2017年09月16日::【富士河口湖高校ブログ】 

創立40周年記念式典・記念講演会
創立40周年記念式典が行われました。
 

実行委員長・天野績男同窓会長の挨拶、校長式辞で、それぞれから、これまでの河高の歩みや現在をお話しいただきました。
 

ご祝辞は、県教委教育長代理・和田一枝様、県議会を代表して渡辺英機様、富士河口湖町町長・渡辺喜久男様の3名から頂戴しました。
  

また、本校の教育活動にご尽力いただいた方々へ、感謝状の贈呈を行いました。
 

生徒を代表して、生徒会長・渡邊莉緒さんが挨拶を行いました。
「40周年という節目を経験できたこと、これからの河高の発展とさらなる未来を築く機会にしていきたい。」ことを、河高の歴史を築いてきた諸先輩方や先生方への感謝の気持ちを交えて、決意を語ってくれました。
 


式典終了後、記念講演会を行いました。

講師は本校24期生、現在オーダーメード自転車製造販売「コッチ・ペダーレ」最高経営責任者・勝俣俊二様です。
 

「挑戦、経験、失敗、成功~人生を豊に楽しくするためには~」と題して、自分の経験を交えながら人生をいかに豊にするか、ポジティブな考え方をすれば楽しい人生を築くことも出来るなど、お話しくださいました。
社会で生きていくために大切なこととして、相手が何を求めているのかを考え、それに対応できるだけの積極的な行動が必要なこと、相手を説得するには成功イメージや計画をいかに論理的に伝えるか、そこで大切になってくるのはコミュニケーション力で、これは自分の人生を豊かにするための大切なツールであることなどを生徒達に熱く語りかけてくれました。
更に、自分が行動を起こそうとするときには、必ず仲間が必要で、仲間に出会うために「自らアクションを起こそう」、「ポジティブであれ!」と私たちにエールを送ってくれました。

講演終了後、生徒を代表して生徒会副会長・楠木悠平くんから、お礼の言葉と花束をお送りました。
 

楠木君は、勝俣さんから握手を求められ、少し照れながら握手をしていました。
お話を聞いた生徒は、勝俣さんのポジティブな生き方に、驚きと尊敬の気持ちを抱きなつつ、自分の将来を見つめ直す機会になったようです。
  
| 学校行事::学校行事 | 13:02 |

  


河高ブログQRコード


JASRAC許諾第E1706303308号

CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   01 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート