学校行事::SGH::【富士河口湖高校ブログ】 

木造建築について学びました
 10月16日(水)、1年生のKIP(総合的な探求の時間)を利用して、木造建築の専門家である井上貴文様にお越しいただき、お話をしていただきました。「日本のものづくりの原点は手仕事。千数百年続く日本の歴史文化伝統建築の技術、日本人の手仕事の魅力を肌で次世代の子供たちに伝えていきたい」という考えのもとに、日々活動をされています。生徒は、かんなの体験もさせていただきました。







| 学校行事::SGH | 18:38 |
新聞記者の方に講義をしていただきました。
 10月9日(水)、1年生のKIP(総合的な探求の時間)を利用して、山梨日々新聞社富士吉田支社編集局地域報道部の記者である上田康太郎様にお話をしていただきました。新聞ができあがるまでの過程をビデオで見せていただき、その後、取材の仕方や新聞記者として日々気をつけていることなど、普段決して聞くことのできない話をしていただきました。生徒の質問にも丁寧に答えていただきました。
| 学校行事::SGH | 17:46 |
山梨大学の先生方から講義をいただきました。
1年生のKIP(総合的な探究の時間)で、山梨大学から4名の先生方をお迎えして、
様々な専門的分野の研究について、講義をいただきました。

内容は、「ワインの話し」「医療とテクノロジー」「画像処理とAI」「地域社会」の4つの分野です。

 

 

 

実際の医療器具や、香のサンプルなど体験させていただきました。
 



 

普段の授業と違い、研究機関の専門的なお話に、生徒も興味津々でした。
| 学校行事::SGH | 16:18 |
「総合的な探求の時間」1年生
6月12日(水)に「総合的な探求の時間」を利用して、県立文学館と県立博物館の見学に行ってきました。4月24日には博物館より、5月15日には文学館より講師をお招きして事前に出前授業を行っていただきました。このことにより、今回の見学をより充実したものとすることができました。見聞を広めるとともに、郷土山梨について考えるよい機会となりました。

最初に文学館。特設展は太宰治でした。広い庭で文学クイズにも挑戦しました。最初は文学館です。特設展は太宰治です。広い庭ではクイズにも挑戦しました。

博物館ではクラスごとにテーマを設定し、郷土山梨についての色々なことを学芸員の方に丁寧に教えていただきました。1組は「信仰」、2組は「水」、3組は「近現代」、4組は「山梨の人物」、5組は「生業」についてです。

| 学校行事::SGH | 19:38 |
「太宰治について」の講演会
県立文学館学芸課課長の保坂雅子様をお招きし、1年生に向けて太宰治と山梨との関わりについて講演をしていただきました。6月には文学館を訪問させていただく予定です。

| 学校行事::SGH | 16:37 |
「山梨の自然と人」の講演会
本日1年生は,山梨県立博物館から森原明廣先生をお招きして「山梨の自然と人-富士山の歴史・文化を中心に-」というテーマで講演をしています。




今年から1年生は「総合的な探究の時間」として,SGHに取り組んでいます。

| 学校行事::SGH | 15:01 |

  


河高ブログQRコード


JASRAC許諾第E1706303308号

CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   10 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート