学校行事::進路行事::【富士河口湖高校ブログ】 

1年生進路ガイダンス開催
1年生対象に、分野別の進路ガイダンスを行いました。
講師は、大学や専門学校からお出でいただきました。
 

様々な分野に分かれてのガイダンスなので、少人数で詳しく説明いただきました。
 

これからの具体的な進路目標の参考にしていきます。
| 学校行事::進路行事 | 15:05 |
2学年進路ガイダンス
本日2学年は5・6校時を使って,大学の先生等を招いての進路ガイダンスを行っております。

自分の進むべき方向性を考え,来年度以降の進路実現に生かすために計画されました。

大学12分科会,専門学校14分科会を開いて,希望する分科会に2つ参加するというものです。

その中の保育・幼児教育の分科会の様子です。
 

2学年は来週の19日には面接ガイダンスを予定しています。

| 学校行事::進路行事 | 13:31 |
1・2年進路ガイダンス
6校時に2年生対象、進路ガイダンスが行われました。
2年生は、大学進学希望者と専門学校進学希望者に分かれて、ガイダンスを行いました。
専門学校について、
「一口に専門学校と言っても、『認可』と『認可外』がある。進学を考える際には、自分が取りたい資格がちゃんと取れるのか、しっかり勉強する環境があるのかなど、しっかり調べて決めることが大切。安易な選択は、自分のためにならない。」など、
将来を考えた選択をするよう、話がありました。


一方大学進学を考えている生徒対象に、ベネッセから講師をお招きし、3年生『0』学期の今、「希望する進路に対して、どのような心がけが必要か」など、具体的にお話しいただきました。
 

「倍率が高そうだから、とか、人気があるから無理かも、とか、安易に進路変更するのでは無く、『自分が進みたい学部・勉強したいことは何か』について、ぶれずに進路実現のために勉強していくことが大切」であること、そして、
「安易な理由であきらめるなら、そもそも進路実現は出来ない。」ことを、実際のデータなどを示しながら、お話しいただきました。
生徒は、メモをとりながら、熱心に耳を傾けていました。

続いて、7校時は一年生対象にガイダンスが行われました。
 

一年生は、『新大学入試』の最初の年にあたります。
今までにも増して、英語が重要になってくること、英語能力テストを受ければいいだけで無く、大学入学共通テストにも英語はあること等々、
新しい大学入試についての説明も、詳しくしていただきました。
学力をのばすために、毎日の学習習慣(決まった時間に、決まっただけ)・学校での授業をしっかり理解することなど、
毎日の積み重ねが、最も大切であることも話されました。
最後に講師の先生からいただいた言葉です。
『意識が変われば、行動が変わる。
  行動が変われば、成果が変わる。』

| 学校行事::進路行事 | 14:55 |
センター試験の自己採点
土日にあったセンター試験も終わり,センター試験を受けた3年生は自己採点をしています。

その結果を受け,志望校を決定していきます。

いよいよ受験シーズン本番です。

| 学校行事::進路行事 | 10:00 |
模擬試験 土曜講座
3年生は、模擬試験です。進路に向けて、ラストスパートです。



1・2年生は、土曜講座(課外と自学自習)です。午前中3コマの時間割で行われました。
課外に参加している生徒は、熱心に講座を受けています。
 

 

課外を受講しない時間は、それぞれの教室で勉強に励んでいます。
 

午後は、部活動に行く生徒・帰宅する生徒、それぞれです。
| 学校行事::進路行事 | 12:06 |
小論文の書き方について・・・・
総合的な学習の時間を使い、2年生の小論文指導が行われました。
最初に、小論文についての概論・全般に関するビデオ学習をしたあと、
国語科の渡邊先生から、原稿用紙の使い方で間違えやすいことなど、細かい注意点等についてお話がありました。
 

小論文の学習については、すでに4月から取り組み始めていますが、
いよいよ本格的に文章を書くために、今日の時間が設けられました。
それぞれメモを取りながら、真剣に取り組んでいました。
| 学校行事::進路行事 | 16:16 |

  


河高ブログQRコード


JASRAC許諾第E1706303308号

CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   11 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート