【 指 導 重 点 】

豊かな心と「生きる力」を育み、
社会で主体的に対応し活躍できる生徒の育成に努める。


 ■ 自ら学ぶ生徒を育てる。

  (1) 生徒の学習意欲を高め、主体的に学習する態度の育成を図る。
  (2) 生徒一人一人の個性を生かし、思考力・判断力・創造力の育成を図る。
  (3) 教材の精選と学習の習熟に応じた指導の工夫を行い、基礎的・基本的事項の定着の徹底を図る。


 ■ 自主・自律の精神に富む生徒を育てる。
  (1) 基本的な生活習慣の確立を図り、集団生活における規律と責任を重んずる生活態度を育てる。
  (2) 人間としての在り方生き方についての自覚を深め、自己の適性に応じた進路の実現を図る態度を育てる。
  (3) 規範意識を高め、公共心や人間尊重の態度を育てる。


 ■ 心身ともに健全な生徒を育てる。
  (1) 自他の生命を尊重する意識を高め、人格の内面的充実を図り、豊かな心を育てる。
  (2) 健康・安全教育の充実に努める。
  (3) 体力の向上を図ると共に、スポーツに親しむ態度の育成を図る。


 ■ 国際理解・環境・福祉・情報等の学習を深め、社会の変化に対応できる生徒の
   育成に努める。
  (1) 日本や地域の伝統文化を理解し、郷土愛を育むとともに、国際化社会に対応できる知識や教養を身に付け
    させる。
  (2) 家庭や地域社会との連携を図り、環境保全・福祉・ボランティア活動の充実に努める。
  (3) 情報化への適切な対応ができる生徒の育成に努める。