河高【部ログ】

学校正門脇に・・・
学校正門脇に『祝!全国大会出場』の横断幕があります。
その中に“吹奏楽部”の名前が加わりました。
 
前の道路を通過する際にご覧下さい。
| 吹奏楽部 | 14:26 |
OFF
現在、芸術文化祭(吹奏楽・合唱・パレード)、管楽合奏コンテスト、アンサンブルコンテストに向けて練習中ですが、本日は部活動OFF 日です。
そんな中ではありますが、マリンバのマレットを選ぶためにマレットをお借りしました。

沢山ありすぎて迷ってしまいます。
聴けば聴くほど悩みます。
結局、今日は決めきれず、明日の練習で合奏する中で叩いて決めたいと思います。
難しいです。(数学の方がよほど楽です~)
| 吹奏楽部 | 12:50 |
サプライズ
本日、○○様よりサプライズの差入れがありました。

ありがとうございました。
早速、みんなでいただきました。
 
練習そっちのけでいただきました。。。

ほっぺが落ちちゃいそうなくらい美味しかったです。
ケーキを前にしたその表情で演奏出来ると良いですね。

今日は部長と璃子が体調不良で休みました。
早く良くなってくださいね。


| 吹奏楽部 | 21:23 |
10/8 県下学年別剣道選手権大会~
3連休の最終日、男子の学年別大会が小瀬にて行われます。
明日まで中間試験なので、明日の午後から通常の練習が始まります。
また今月末には、新チームにとって初めての公式戦である新人大会が行われます。
OBの先輩方、ぜひ後輩に稽古をつけにいらして下さい!
よろしくお願いします。
| 剣道部 | 15:24 |
芸術文化祭
10月2日(火)に芸術文化祭吹奏楽部門発表会の抽選会がありました。
31校中、18番目の演奏です。
前は甲府城西高校、後ろは甲府商業高校です。
目標は、”河吹らしいパフォーマンス”です。
13人で頑張ります。
発表会は11月3日(土)に行われます。


また、9月26日(水)には合唱部門の抽選会がありました。
こちらは、19校中の15番目の演奏です。
楽器練習の合間に合唱していますので、他校の皆さんのようには歌えませんが、精一杯歌いたいと思います。
発表会は11月4日(日)に行われます。
いつか、合唱+楽器演奏のステージを作りたいと思います。


【今後の演奏予定】
11月 3日(土) 芸術文化祭吹奏楽部門発表会(@コラニー文化ホール)
11月 4日(日) 芸術文化祭合唱部門発表会(@甲州市民文化会館)
11月 8日(木) 芸術文化祭パレード(@甲府市中心部)
11月18日(日) 第24回日本管楽合奏コンテスト全国大会(@尚美バリオホール)
12月16日(日) アンサンブルコンテスト県大会(@コラニー文化ホール)
12月22日(土) こどみらクリスマス会(@子ども未来創造館)
12月23日(日) クリスマスコンサート(@SCベル)
<2019年>
1月 6日(日) 山梨吹奏楽コンクール新人戦(@甲州市民文化会館)
1月14日(月) 連合音楽会(@甲府市総合市民会館)
2月 3日(日) 管打楽器ソロコンテスト(@須玉ふれあい館)
3月16日(土) 河高文化部発表会(@富士吉田市民会館)
3月17日(日) 南都留ソロ・アンサンブルフェス2019(@ふじさんホール)
5月12日(日) 第24回定期演奏会(@ふじさんホール)

お待ちしています。
| 吹奏楽部 | 09:25 |
福井しあわせ元気国体
9月30日(日)から福井県久々子湖漕艇場にて
福井しあわせ元気国体ボート競技が行われています。

本校からは3年の永井嵩士が男子シングルスカルで出場しています。
台風の影響で敗者復活戦がカットされて
9/30予選(4/5)→10/2準決勝(2/4)→10/3決勝
という競技日程で行われます。

永井選手は予選を通過し、本日、入賞を懸けた準決勝に臨みましたが
明日の決勝に進むことはできませんでした。

今レースにて高校生としての公式戦はラストになりますが
今後の活躍に期待したいと思います。

なお、山梨県代表として男子ダブルスカルに吉田高校の2名の選手が出場し
明日の順位決定戦(5~8位)に進出しました。
山梨県として入賞を果たすことができてよかったです。

現役部員は明日からの中間試験に向けてラスリキ(ラスト力漕)の最中です!!

| 漕艇部 | 14:32 |
日本管楽合奏コンテスト(追加)
本日、日本管楽合奏コンテストの賞状、講評が届きました。


このような賞をいただき、身に余る光栄です。

講評には審査員の先生方のアドバイスがありましたので、一つでも多く改善できたらと思います。

河吹はまだまだ進化します。
応援、よろしくお願いします。


| 吹奏楽部 | 20:07 |
2018(第24回)日本管楽合奏コンテスト
報告です!

2018(第24回)日本管楽合奏コンテスト全国大会に出場することになりました。
今年から新たにできたS部門(15人以下)にエントリーしたところ、なんと、予選を通過できました。
11月18日(日)に尚美バリオホールで全国大会です。
河吹らしいパフォーマンスができるよう、頑張ります。

部員の皆さん、まずは目の前の中間試験を頑張りましょう。
| 吹奏楽部 | 13:02 |
強化練習
9月24日(月)は強化練習日でした。
楽器ごとにレッスンを受け、技術向上を図りました。
高文連吹奏楽専門部主催の楽器別講習会に参加するパートと、校内で講習を受けるパートに別れました。
各自、日頃から疑問に思っていることを聞いて解決できたことと思います。
あとは繰り返し練習するのみですね。
 
学校ではホルン、トランペット、クラリネットの講習を行いましたが、下吉田中学校、河口湖南中学校の生徒も加わりました。(意識高いです)
講師は、千野こころ先生(Hr)、岩田僚平先生(Tp)、石井孝明先生(Cl)でした。
河高のトランペットはYAMAHA-9335CHSと8335RGSですが、CHS(シカゴモデル)は岩田先生と同じでした。とてもなりの良い楽器だとお褒めいただきました。
どの楽器も状態は良いので、部員の皆さん楽器に負けないようしっかり息を吹き込みましょう。

約2時間楽器ごとの講習を受け、その後、中学生も交えて合奏講習を受けました。(甲府での講習会参加組も合流しました。)
サウンドトレーニングを中心とした練習でしたが、教則本と練習曲に『栄光をたたえて』(2001年課題曲)を使いました。
初見の仕方なども学びました。

講師は、石井孝明先生です。
| 吹奏楽部 | 16:51 |
エルゴ2000m計測
ボート部員に
「きつい練習は何ですか?」
と問うと、1番目か2番目に返ってくるのが『エルゴ計測』という答え。
というくらい肉体的にも精神的にもハードなイベントです。

今回は1ヶ月前に予告してあり、関東選抜大会のクルー編成の参考資料となることを
事前に伝えているため、部員たちはモチベーション高く取り組んでいました!

結果はほぼ全員が自己ベストを大幅に更新!
やっと自分の限界に挑戦できるようになってきました。
しかし、全国の猛者たちとの差は依然としてあることは変わりません。
1回1回の練習にどれだけ真剣に取り組めるか。これがキーとなります。

『エルゴが回る ならば 艇が進む』 これは『偽』です。エルゴが回っても技術がないと艇は進みません。
『艇が進む ならば エルゴが回る』 これは大体『真』です。
つまり、エルゴのスコアを伸ばすことはボート選手にとっては『必要条件』なのです!
エルゴを回すには筋力・持久力・精神力、そして、やはり「体重」です。

「体重が2㎏増えたら10秒速くなりました!」というR君の夕飯のご飯の量を聞いたら2.5合とのこと。
   よく食べて、よく漕いで、よく寝る。
ボート選手に食事は欠かせません。保護者の皆様もご協力のほどお願いいたします。

なお、明日から試験期間に入ります。
高校生の本分である「学習」にもしっかりと向き合ってくれることを願います。

↓計測の様子
続き▽
| 漕艇部 | 14:00 |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   10 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート