2019年11月::河高【部ログ】

芸文祭放送部門コンテストの結果です。
11月3日に、山梨県高等学校芸術文化祭放送部門コンテストが開催されました。
当日は、発熱などの体調不良で2名が会場へ行きませんでしたが、会場入りできた部員達で協力して行動していました。
結果は、オーディオピクチャー部門で優秀賞(2位)を受賞し、
年明けに栃木県宇都宮市で開催される『関東高校放送コンクール』への出場権を獲得しました。
 
関東大会は来年1月です。
出場に当たっては、手直しをして、より良い番組にして出場していきたいです。

| 放送部 | 09:50 |
第50回東日本大会出場決定!
 10月26日(土)、27日(日)、11月2日(土)の日程で、新人大会が行われました。
 初戦は塩山・北杜高校の合同チームと対戦。
初回から打線がつながり7得点。投げては先発の武藤(明見中)が好投、2番手の天野(忍野)も好リリーフを見せて10-0で勝利します。

 準々決勝は甲府商業高校と対戦。
 初回に守備の乱れから失点し、主導権を握られてしまいます。3回に2点を返しますが、相手打線に攻め込まれ、流れを取り戻せずに敗戦。この結果、11月2日の代表決定トーナメントにまわります。負けた中でも、集中力を切らさずに雰囲気を作れたり、攻守の全力疾走ができたりと、次につながる試合でした。

 代表決定トーナメントでは、勝ち上がった1校に東日本大会の出場権が与えられます。
 1回戦は甲斐清和高校との対戦となりました。
先攻の河高は、3番佐藤(明見中)、5番渡邉(忍野中)の3ベース2本などで3点を先制し、主導権を握ります。3回には3番からの4連打に4盗塁と足を絡めて5得点。4回も3点を加え、先発の武藤を援護します。武藤もミスによる失点はありましたが、相手打線を5安打に抑えて完投。11-3で勝利しました。

 代表決定戦は富士北稜高校との対戦。勝てば東日本大会出場が決まります。
 初回に3点を先制されますが、直後に武藤、奥脇(下吉田)の3ベースヒット2本で1点差に迫り、奥脇が相手の隙をついてホームスチールを仕掛けて同点にします。4回にも3点を取られますが、2アウトから舟久保(明見中)が出塁し、1番~3番の3連打で再び同点とします。その後は両チームともに出塁しながらも得点はできず、試合は延長戦へ。相手の攻撃を3つのフライアウトで切り抜けると、8回裏、2アウト2・3塁の場面から舟久保が内野安打を放ちランナーが生還。サヨナラ勝ちで東日本大会出場を決めました!

 新チームが発足してから試合で勝てない時期が続きましたが、新人大会では最後まで諦めず、河高らしさを出すことができました。東日本大会の出場校は強豪校揃いなので、出場することに満足をせず、高いレベルで戦えるよう実力をつけたいと思います。多くのご声援ありがとうございました。
| ソフトボール部 | 10:53 |
富士五湖音楽祭(2)
本日は富士五湖音楽祭のボランティアスタッフをさせていただきました。
連休中日と言うこともあって、沢山の方がオルゴールの森美術館に来館されていました。
森のステージ、こもれびのステージと称して、多彩な演奏がありました。
聴きに来ていただいた方々へのご案内をさせていただきました。

明日もボランティアです。
また、13:10からTpソロ、Percソロの演奏をさせていただきますので聴きに来て下さい。

よろしくお願いします。

管楽合奏コンテスト全国大会まであと2週間です。
芸術文化祭の反省を生かせるような練習を心がけています。
今週は2年生が修学旅行ですので、明日、明後日で何とか形にしたいですね。
| 吹奏楽部 | 19:18 |
富士五湖音楽祭(1)
本日、河口湖オルゴールの森美術館にて富士五湖音楽祭があり、出演しました。
「こもれびのコンサート」でダンスオルガンホールにて演奏しました。

演奏した曲は、『平成大ヒットメドレー』、『Paradise Has No Border』、『宝島』の3曲です。
沢山のお客さんに聴いていただきました。
ありがとうございました。

また、今回は演奏だけでなくボランティアでのお手伝いも行いました。
音楽祭のサポートが出来て良かったです。
明日も音楽祭は行われます。
河吹は明日の出演はありませんが、多くの方のご来場をお待ちしています。
(ボランティアでは会場にいます)
| 吹奏楽部 | 21:08 |
高校芸術文化祭吹奏楽部門発表会
本日、高等学校芸術文化祭吹奏楽部門発表会が行われました。
1,2年生による大会でした。
河高は10人で『救いの時の告知~ジーザス・クライスト~』(片岡寛晶)を演奏いたしました。

結果は優良賞をいただきました!

27番目の演奏で、今年の取りを務めましたが、河高らしい演奏が出来たと思います。
1,2年生の皆さん、お疲れ様でした。

審査員の先生方の講評を次の日本管楽合奏コンテストに生かせるような練習をしたいと思います。
管楽合奏コンテスト全国大会は、高校S部門という15人以下のカテゴリーです。
全国から集まる少人数編成の猛者達ですので、入賞は至難の業かも知れませんが、やはり河吹らしい演奏を心がけたいと思います。

明日は河口湖オルゴールの森美術館にて演奏します。
演奏時間は16:30~、17:10~です。
明日も河吹サウンドをお届けします。
是非、河口湖オルゴールの森美術館での富士五湖音楽祭にご来場下さい。
お待ちしております。

| 吹奏楽部 | 20:24 |
男子バスケ部 ~ウインターカップ予選2回戦~
10月19・20日で全国高等学校選手権大会山梨県大会(ウインターカップ予選)が行われました。

2回戦の相手は第3シードの甲府西高校。
3年生にとっては最後の大会であり、ベスト8がかかった一戦。
目標であるシード校撃破を胸に挑みました。

立ち上がりは相手の激しいディフェンスに苦しまされ、なかなか思うように試合を運ぶことができない。
逆に相手はリズム良くシュートを打つことで高確率で決まり、一気に差を広げられる。

苦しいゲーム展開の中、奮闘したのが3年の#4長田爽太。
得意のジャンプシュートやランニングプレーからの得点を重ね、必死に食らいつく。
#6宮下陽もリバウンドやゴール下のシュートで応戦するも、差はなかなか縮まらない。

後半に入り、ディフェンスのシステムを変え勝負に出る。
このディフェンスが機能し、一気に差を縮めることに成功する。
一桁差まで迫るも、こちらのちょっとした1つのミスで流れはまた相手に…

#7佐藤悠仁、#8渡邉瞭が意地を見せるものの
序盤の差を埋めることができず、63-86で敗退。

後半は同等の戦いができただけに、立ち上がりと1つのミスが悔やまれる結果となりました。
1つのプレーの重みを改めて知ることとなり、次回への課題となりました。

3年生はこれで引退となります。
目標を達成できず悔しいですが、この無念は後輩達がきっと晴らしてくれると信じています。
3年間、お疲れ様でした。



※画像をクリックすると、拡大で見ることができます。
| バスケットボール部男子 | 14:32 |
男子バスケ部~ウインターカップ予選1回戦~
10月19・20日で全国高等学校選手権大会山梨県大会(ウインターカップ予選)が行われました。

初戦の相手は富士北稜高校。
昔から一緒のチームでバスケをしていた仲間達が多く、顔見知り達との対戦となりました。

タイムシェアをしながら試合を進め、73-58で勝利!
多くのメンバーが試合に出場することができ良かったのですが、
本番で力を発揮することの難しさを知る機会となりました。

チームとしての力はまだまだ伸びしろがあるので、これからの練習に活かしていきたいです。

次戦は第3シードの甲府西高校!!
全員バスケで頑張りますグー



※画像をクリックすると、拡大で見ることができます。
| バスケットボール部男子 | 14:13 |

  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   11 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート