漕艇部::河高【部ログ】

関東高等学校選抜ボート大会
11月3日(土)4日(日)に埼玉県戸田ボートコースで行われた
平成30年度関東高等学校選抜ボート大会に参加しました。

この大会の各種目3位までが来年の3月に行われる全国高等学校選抜ボート大会の
出場権を獲得できます。FKRCもその出場権を得るべく大会に臨みました!

結果は残念ながら力及ばず出場権獲得とはなりませんでした。
しかしながら、選手は持てる力を出そうと頑張りました。
サポートに回った補漕選手も自ら考え行動しており、選手は試合に集中できたことでしょう。

チーム全体で全力を出した結果ですので、単純にその力が足りなかったということ。
これからのオフシーズンもこの悔しさを忘れずに個々の『フィジカル』や
そしてもっと大事な『メンタル』を鍛えて新シーズンに備えたいと思います!

遠方まで応援に来て下さった保護者会の皆様、いつもありがとうございます。
フィジカルアップ+メンタルアップのためにも栄養面や精神面でのご協力を
今後ますますお願いいたします。春には花を咲かせるから!!

以下、写真です。

続き▽
| 漕艇部 | 18:14 |
福井しあわせ元気国体
9月30日(日)から福井県久々子湖漕艇場にて
福井しあわせ元気国体ボート競技が行われています。

本校からは3年の永井嵩士が男子シングルスカルで出場しています。
台風の影響で敗者復活戦がカットされて
9/30予選(4/5)→10/2準決勝(2/4)→10/3決勝
という競技日程で行われます。

永井選手は予選を通過し、本日、入賞を懸けた準決勝に臨みましたが
明日の決勝に進むことはできませんでした。

今レースにて高校生としての公式戦はラストになりますが
今後の活躍に期待したいと思います。

なお、山梨県代表として男子ダブルスカルに吉田高校の2名の選手が出場し
明日の順位決定戦(5~8位)に進出しました。
山梨県として入賞を果たすことができてよかったです。

現役部員は明日からの中間試験に向けてラスリキ(ラスト力漕)の最中です!!

| 漕艇部 | 14:32 |
エルゴ2000m計測
ボート部員に
「きつい練習は何ですか?」
と問うと、1番目か2番目に返ってくるのが『エルゴ計測』という答え。
というくらい肉体的にも精神的にもハードなイベントです。

今回は1ヶ月前に予告してあり、関東選抜大会のクルー編成の参考資料となることを
事前に伝えているため、部員たちはモチベーション高く取り組んでいました!

結果はほぼ全員が自己ベストを大幅に更新!
やっと自分の限界に挑戦できるようになってきました。
しかし、全国の猛者たちとの差は依然としてあることは変わりません。
1回1回の練習にどれだけ真剣に取り組めるか。これがキーとなります。

『エルゴが回る ならば 艇が進む』 これは『偽』です。エルゴが回っても技術がないと艇は進みません。
『艇が進む ならば エルゴが回る』 これは大体『真』です。
つまり、エルゴのスコアを伸ばすことはボート選手にとっては『必要条件』なのです!
エルゴを回すには筋力・持久力・精神力、そして、やはり「体重」です。

「体重が2㎏増えたら10秒速くなりました!」というR君の夕飯のご飯の量を聞いたら2.5合とのこと。
   よく食べて、よく漕いで、よく寝る。
ボート選手に食事は欠かせません。保護者の皆様もご協力のほどお願いいたします。

なお、明日から試験期間に入ります。
高校生の本分である「学習」にもしっかりと向き合ってくれることを願います。

↓計測の様子
続き▽
| 漕艇部 | 14:00 |
相模湖レガッタ
9月16日(日)17日(月)に神奈川県相模湖漕艇場において開催された
相模湖レガッタに参戦しました。

今大会は新体制になって初の県外レース。
しかも配艇方式(レース時間の90分前から艇を調整してレースに参加)でした。
多くの選手(1年生は全員)が初経験でどうなるものかと思いましたが
何とかレースには参加できてほっとしています。
関東大会や全国大会はほとんど配艇方式ですのでいい経験です。

配艇方式の大変さ、リギングの大切さ、仲間で協力することの意義
感じ取れたでしょうか?(今回顧問は口は出すが手は出さない方針でした)

11月には埼玉県戸田ボートコースにて全国選抜大会への
出場権をかけた関東選抜大会が開催されます。

1年生は自分に足りないことだらけでしたね?
2年生は日々のトレーニングにどれだけ熱く取り組めるか?ですよ。
FKRC全体がレベルアップして全国選抜大会への切符を勝ち取るべく
約1ヶ月精進していきたいと思います!

また、貴重な休日を返上して子供たちへの熱い声援を送って下さった
保護者会の皆様、本当にありがとうございます。
普段からの支援は関東選抜での感動にてお返しする所存です。

追伸:9月30日(日)から福井県久々子湖漕艇場にて行われる
国民体育大会ボート競技に本校3年永井嵩士が山梨県代表として
シングルスカルで出場します。
インターハイの雪辱を期して戦ってくれると信じています。

<大会結果>詳細は神奈川県相模湖漕艇場HP参照
男子1X 齋藤 陸 準優勝
     小林太樹 準決勝敗退
男子2X A(桒原・杉本) 敗者復活戦敗退
     B(柏木・梶谷) 準決勝敗退
男子4X+ A(渡辺大・青柳・勝俣・渡辺大・大額) 第3位
      B(舟窪・小宮山・齋藤永・渡辺拓・梶原) 第5位
女子2X (小尾・中村夢) 第3位
女子4X+(中村明・関口・渡辺実・和光・中村野) 第3位



以下、大会風景

続き▽
| 漕艇部 | 14:44 |
第38回河口湖レガッタ(兼新人大会)
9月1日(土)2日(日)に河口湖漕艇場におきまして
第38回河口湖レガッタが開催されました。
今大会は河口湖の水位低下に伴い3年ぶりの開催となり、
近県の高校からも多くのクルーが参加してくれました。
なお、今大会は県の新人戦も兼ねる大会でもあります。

1日は強風のためレースが2時間中断、2日は雨天と自然に左右される大会でしたがこれもボート。
自然状況に臨機応変に対応し、受け入れ、最善の対策をすることが求められます。

天候に左右されましたが無事に大会を終了することができて良かったです。
大会関係者の皆様には大変感謝いたします。
様々な方が協力し、支援していただくことでボート競技が成り立っています。
1,2年生も大会前後には大会運営に関わり、3年生も補助員として協力してくれました。
このような経験をすることで、日常の練習やレースに参加できることに
『ありがたい(有り難い)』という気持ちを持ってくれることを期待します。

結果は以下の通りです。
<男子>
1XA(小林太樹) 第4位 (新人戦優勝)
1XB(渡辺大雅) 第5位 (新人戦第2位)
2XA(齋藤陸・青 柳) 第3位 (新人戦優勝)
  B(勝 俣・大 額) 準決勝敗退 (新人戦第2位)
  C(堀内恒・齋藤永) 敗者復活戦敗退
  D(小宮山・渡辺拓) 敗者復活戦敗退
  E(梶 原・杉 本) 敗者復活戦敗退
4X+(梶谷・桒原・柏木・舟窪・渡辺大) 敗者復活戦敗退
<女子>
1X(中村夢) 敗者復活戦敗退 (新人戦第2位)
2X(関口・渡辺実) 第3位 (新人戦優勝)
4X+(小尾・和光・堀内珠・中村野・中村明) 第3位 (新人戦優勝)

以上の結果を受けまして
男子シングルスカルで2クルー、その他5種目で1クルーずつの計7クルーで
11月3日(土)から戸田ボートコースにて行われる関東選抜大会への出場権を獲得しました。

この大会で得られた成果を自信に、課題を一つずつクリアして関東選抜大会へ乗り込みたいと思います。

まずは「大きく」「強く」漕ぐことですね。そして「継続」することですね。
また日々の練習から精進していきましょう!!
| 漕艇部 | 14:53 |
インターハイ報告
8月1日(水)に準々決勝が行われました。

組の2着までが最終日の準決勝(12/48クルー)に進出できますが
FKRC3クルーはその壁を打ち破ることはできませんでした。
全国の壁の高さ、コンマ何秒差の重みを実感しました。

しかしながら選手たちは自分のパフォーマンスを最大限に発揮してくれました。
『結果ではなくプロセスが大切』
選手たちの顔を見るとそのことをよく感じてくれていたと思います。

FKRC40期としての集大成であるインターハイ。100%満足のいく結果ではなかったかもしれませんが最後まで挑戦することをやめなかった40期生の今後の活躍に期待したいと思います。

そして、FKRC41期のスタートです。先輩たちの思いをこれからにつなげていって下さい!

河高ガンバ!!


続き▽
| 漕艇部 | 15:08 |
インターハイ2日目
本日、女子クォドルプルの敗者復活戦でした。

気温の高い正午過ぎのレースでしたが組の2着で明日の準々決勝に駒を進めることができました!

明日はいよいよ最終日進出をかけた厳しいレースです。どの高校もより気持ちを込めた戦いになるはずです。

FKRC3クルーも全国の強豪相手に強い想いを胸に挑んで行きます!

昼食で食べた、味噌カツ・手羽先パワーで明日も頑張ります‼
| 漕艇部 | 17:44 |
インターハイ1日目
本日より愛知県東郷町愛知池漕艇場におきまして
インターハイボート競技の予選が行われました。

FKRCからは
男子シングル・ダブル
女子クォドの3クルーが予選に挑みました!

結果として
男子シングル(永井)予選7組2着
男子ダブル(斎藤、小佐野)予選4組3着
2クルーが明後日の準々決勝に進出しました。

女子クォド(伊藤・今村・早川・関口・宮下)は僅差の4着で明日の敗者復活戦に回り準々決勝進出を目指します。

大変暑い中でしたが3クルーともいいrowingを魅せてくれました!

女子クォドはこの悔しさを明日にぶつけてくれるはずです‼

明日も全クルー準々決勝進出を目指して
FKRC全員で戦います!
| 漕艇部 | 18:29 |
国民体育大会関東ブロック予選
7月21日(土)~22日(日)に茨城県潮来ボートコースにて
国体関東ブロック予選(通称;関ブロ)が行われました。
今大会は山梨県の代表として参加です。

FKRCからは
男子シングルスカル(永井) 舵手付きクォドルプル(小佐野・齋藤・宮下)
女子ダブルスカル(渡邉・和光・堀内) 舵手付きクォドルプル(伊藤・今村・早川・関口・宮下)
が参加しました。

35℃という猛暑の中のレースでしたが
山梨県選抜は6種目中5種目で決勝へ進出し
男子シングルとダブルで本国体への出場権を獲得しました!

残念ながら出場権を得られなかったクルーもいますが
ほとんどの選手がインターハイにも出場しますので
その悔しさをインターハイにぶつけてくれるはず!

また今大会はレースに出場できなかった補漕(補欠)の選手の頑張りが光っていました。
レース前のリギング(艇の調整)やオールの出し入れ、様々な仕事・・・。
汗を文字通り滝のように流しながらの活躍でした。
選手がレースに集中できるのも彼らのおかげ。
ボート競技は漕手・舵手・補漕全員の力の団結が求められるのです。

明日から愛知に出発しますが、
台風にも暑さにも負けないFKRC旋風を巻き起こしてきます!

笑顔で山梨に帰ってきます!!!

以下、写真です。
続き▽
| 漕艇部 | 13:47 |
夏季強化合宿
7月14日(土)~16日(月)に長野県諏訪湖にて
夏季強化合宿を実施しました。

この合宿は例年夏休み突入とともに行っていましたが
今年度は国体関東ブロック予選とインターハイの開催期間の関係で
この3日間となりました。

目的はズバリ『暑さ対策』!!
河口湖の夏はとても涼しいので、いきなり酷暑の中のレースでは
力を100%発揮できません。
そこで例年河口湖よりも暑い環境で合宿を行います。

3日間とも天候に恵まれいい練習ができました!
(2日目の午後は雷雨でしたが、室内にてエルゴで追い込みました!)

茨城や愛知はもっと暑いことが予想されますので
この合宿での経験をもとに結果を求めて頑張りたいと思います!!

| 漕艇部 | 13:38 |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   11 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート